先輩!女子力高いです( ゚д゚ )!!

女子力?美味しいのか?趣味を書いたり、時には恋話をしてみたり

紅茶リキュールの作り方!

おはようございます(`・ω・´)b

体調が良くて気分もいいとブログの更新もはかどります。

平日に更新は無理では?と思うくらい最近は忙しい。

のんびり、ゆるゆると書いていけたらと思っています。

さて、ここ何回かは自家製リキュールの作り方を紹介しています↓

chocosenpai.hatenablog.jp

 

chocosenpai.hatenablog.jp

 

仕込む時間は長いけれど、出来たときの喜びは感慨深いものです。

家に帰って、「今日はどのお酒でのんびりしようか」なんて考えるのもまたいいものです。

さーて、今回紹介するのは紅茶を使ったリキュールです。

紅茶リキュールで有名なのは、フォションのティーリキュールではないでしょうか。

自家製リキュールにハマってしまうと、何を漬け込めば美味しいお酒が飲めるだろうかといつも考えるようになります(ぇ

うっし!紅茶の葉を漬けてみるか!と考えてしまっちゃうものです。

では、材料と手順です(笑

 

~材料~

・紅茶葉・・・24g(今回はoriensのダージリン

・お酒・・・350ml(今回はバカルディ

・グラニュー糖・・・60g

 

~手順~

①ティーバッグのままでもいいけど、抽出効率考えて切って中身を出しました。

f:id:chocosenpai:20180617085535j:plain

 

②抽出にはバカルディスペリオールを。最終的なとれる量を考えると、これを使ってこれに最後、保存するのがちょうどいい。茶葉もアルコールを大分吸うからね。

f:id:chocosenpai:20180617085554j:plain

 

③煮沸消毒した容器に紅茶葉とグラニュー糖をいれて、アルコールをそそぐ。

f:id:chocosenpai:20180617085840j:plain

 

④二週間、定期的に混ぜながらよく砂糖を溶かしつつ、光の当たらない場所(うちでは食器棚の奥)に置いておく。置いたのがこちら↓

f:id:chocosenpai:20180617090054j:plain

 

⑤コーヒフィルターでろ過して、保存容器にいれる。それから二週間ほど置いといたら完成ヾ(*´∀`*)ノ 

f:id:chocosenpai:20180617090218j:plain

 

紅茶の深くて濃厚な香りが・・・!炭酸で割ってティーサワーでもよし、お菓子に使ってもよしです!あ、ちなみに私はこれを使って紅茶プリンなんてものを作ってみたり・・・(`・ω・´)b

f:id:chocosenpai:20180617090555j:plain

 

自家製のリキュールを仕込んでからというものの、もちろんそのまま割って飲むのも一つですが、料理やお菓子の幅も広がりました。コーヒーリキュールならばナポリタンの隠し味につかってみたり・・・とかね☆

 

ほらほら、あなたも色々と漬け込んでみたくなったでしょう?( ̄ー ̄*)

あ、酒税法にひっかかるのはだめですよ!簡単に書いておきますと、

 

・ぶどうや山葡萄などのぶどう類、米・麦などの穀物類を漬け込むのはダメ

・アルコール度数が20度以上のものを使用すること

 

理由としては、ぶどうはワイン、米とかは日本酒などなど原料になっているから。

20度以上なのは発酵させる酵母菌が活動できなから。

 

です!これを踏まえて、自家製リキュールを楽しみましょうヾ(*´∀`*)ノ

では、よい休日を!

 

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村