読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先輩!女子力高いです( ゚д゚ )!!

女子力?美味しいのか?趣味を書いたり、時には恋話をしてみたり

言の葉に想いをのせて

恋愛

こんばんは、チョコですヽ(・ω・)/

久しぶりに会えることが決まって、口角がゆるゆるなチョコですヾ(*´∀`*)ノ

 

それにしても、最近はあれですね、LINEという便利な通信ツールが普及して、連絡が取れやすくなった反面、「言葉」が少し軽くなっているのではないかと思う次第です。

 

手紙やメールの時は、文章を書いては消し、書いては消し、とりあえず明日の朝にもう一回見なおそうと下書きに保存し・・・。あとこのボタンを押せばいいだけなのに、なかなか押せないもどかしさ。

 

あの人の着信音が鳴るときの、ドキドキ感。

最近ではなかなかないなぁーと寂しくも思ってます。

 

さてさて・・・今日は久しぶりにお電話を彼女にしてみました。

 

俺「元気ー?」

彼女「お、おぅ、どうした?何かあったか?(;`・ω・´)」

俺「とくに何もないけど、声が聞きたくなったのだよ」

彼女「そ、そうか(`・ω・´)」

 

いやー、私思うんですよ。俺が彼女で、向こうが彼氏じゃないかと(ぇ

 

俺「あ、あのさ!12月で二年目になるわけじゃないですか!なんだかんだで!やから、またどっかに旅行に行かないか!」

彼女「ん?ヽ(・ω・)/? 聞こえなかった。なんか声が遠いんよねぇー(`・ω・´)」

 

照れる気持ちを抑えながら、頑張って言ったのにこれですよ!

思えば、告白の時も・・・。

 

「俺じゃダメか・・・?」

 

「なにが?( ゚д゚ )」

 

という感じだったし、必ず二回は言わないといけないみたいです、はい。

 

俺「12月で二年目じゃないか!!!どっか旅行に行ってみないか!!!( ゚д゚ )クワッ!!」

 

彼女「ぁー(`・ω・´)ナットク」

 

俺「どこに行きたい?」

 

彼女「んー、どこがいいんかなぁー(*´・ω・) 思いつかんなぁー」

 

俺「もうちょっと、欲をもちなさい、欲を( ゚д゚ )」

 

彼女「私がテンションが低くて、優柔不断なのは、お前も知っているであろう(`・ω・´)b」

 

俺「どの口がそれを言うか( ゚д゚ )」

 

ってことで、今日の私は主導権を握られまいと、頑張ってみました。

 

俺「んじゃ、京都に行くか!そしたら、うちんち泊まれば、宿賃浮くし、京都でお前の好きな簪も買えるぞ」

 

彼女「そうやなぁヽ(・ω・)/ んじゃ、京都にするか!寺社仏閣色々と見てみたいし。」

 

俺「んでもって、一つ俺の細やかな願望を言ってもよいか(。-ω-)」

 

彼女「な、なんや(;`・ω・´)」

 

俺「「いってらっしゃい」、「行ってきます」のくだりをやってみたい。そうすれば、仕事むちゃ頑張れる。」

 

彼女「なんやそれ( ゚д゚ )・・・。」

 

俺「細やかな幸せを感じるというのも大事だよ、Y子よ」

 

※Y子とは彼女のことです

 

彼女「ほ、ほぉ・・・(;`・ω・´) まぁ、あんたが望むような感じで出来るかわからんが、やるよ」

 

俺「逆に問おう。君は俺がどうなのを望んでいるというのだね」

 

彼女「ご飯食べて、「いってらっしゃーい」と言って、見送る みたいな?」

 

俺「よくわかってるじゃないか、Y子よ。ぜひ、頼む」

 

彼女「ハイハイ(;`・ω・´)」

 

 

やったぜ・・・!オプションまでついてきたぜ・・・・。

 

俺「月が綺麗だな!」

 

彼女「・・・」

 

彼女「そ、そうですね!!!(;`・ω・´)」

 

俺「言の葉に想いをのせるというのは大事なもんだ。さすがに、俺だって、Y子がどう思ってるのかとか気になっちゃう時だってあるのだ。」

 

彼女「そ、そういうものか(;`・ω・´)」

 

俺「そうや(。-ω-)」

 

こんな会話のやりとりも好きなんですけどね(苦笑

私が馬鹿みたいにテンションあがってるのを、ハイハイ(。-ω-) と、かるーくあしらってくる彼女が好きです。もっと頑張っちゃうぞーって思っちゃいます。

 

完全に尻に敷かれるタイプですね、私(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

 

早く10月にならないかな!!!

 

f:id:chocosenpai:20160907223703j:plain

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村